散歩のススメ

散歩
スポンサーリンク

散歩を楽しむコツ

健康のために散歩する!!というのは、目的が健康で手段が散歩という構図ですが、もちろんそういった目的を持つことは大切です。

ただ、健康という目的を達成するための手段は無限にあるため、「もっと楽な手段はないのだろうか」と考えてしまい、時間の割に健康への効果が少ない散歩をやめてしまうのです。

ここで言いたいのは、散歩をしている人は散歩をすること自体が目的になり、その結果健康になったりしているんです。

手段が目的になっているってこと。健康だって、長寿や文化的な生活っていう目的のための手段じゃないかって声も聞こえてきそうですが、こっこでいう手段ってのは、ある程度具体的な行動をさすことにします。でないと言葉遊びが行き過ぎて屁理屈合戦になってしまいますから。

散歩そのものがレジャーのひとつで、散歩そのものの楽しさを発見してほしいと思っています。

スポンサーリンク

レインボーブリッジ散歩

レインボーブリッジ

テレビで放送されているうレインボーブリッジは、首都高速道路であって、上下2段に車道がある上側になります。下段に一般道路が走っていることを知らない人も多いのでは?と思いますが、見晴らしが決して良くはない一般道路が走っていおり、無料で通行することができるんです。ゆりかもめに乗ってもレインボーブリッジを渡ることができますが、いつの間に?って感じで通り過ぎてしまうのです。

では上を走っている有料の首都高速は見晴らしがいいのかといえば、運転している人は見えないうえに、ある程度速度が出ているため、ゆっくりと景色の隅積みまで楽しむことができません。

そこでお勧めなのがレインボーブリッジ散歩です。ゆっくりと空中散歩を楽しみながら景色を見ることができます。

レインボーブリッジは約1.7キロメートルで、往復でも3.4キロメートルと、散歩初心者でも無理なく始められる距離になっています。晴海方面を望む北ルートと台場方面を望む南ルートがあり、往復でルートを変更できるので、飽きることはありません。

レインボーブリッジ散歩でお勧めのスタート位置はゆりかもめ「お台場海浜公園駅」です。駅からレインボーブリッジ遊歩道の入り口までは約300メートルほどで、「これからこの橋をわたるのかぁ」と少し離れた場所からルートをイメージすると楽しさが増します。

台場公園とお台場海浜公園を抜けて遊歩道台場口から散歩を開始しますが、この時点で北ルートか南ルートを決めなければなりません。1.7キロメートルある遊歩道の途中でルート変更ができないため、どちらのルートからスタートするか決めるのも楽しいことですね。(スタート直後に出来る場所がありますが、あまり意味がありません)

芝浦ふ頭川からのスタートについては、遊歩道口までの徒歩でのアクセスが悪く、周辺は倉庫地帯であるため、工場萌えの方たちにはお勧めですが、やや上級者ですかね。

スポンサーリンク

原宿 明治神宮からスタートするみどりいっぱい散歩

明治神宮

ここは東京の渋谷区ですか?と思いたくなるような広大な木々に囲まれた明治神宮からスタートする散歩コースを紹介します。

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をご祭神として創建された、約10万本の木々が約70万㎡にわたって広がる神宮で、境内にはパワースポットとされる場所が複数存在する。

この土地はもともと森林だったのではなく、全国からの献木を植樹した人口の森です。当時の内閣総理大臣である大隈重信らの調整により常緑樹の森が都心に完成しました。

明治神宮御苑の最深部に湧き水の湧く清正の井戸がある。超有名なパワースポットで、芸能人の島田秀平さんが風水的にいい場所として紹介したこともあり、その写真を撮るために行列ができるほどです。

明治神宮から青山霊園までは表参道を抜けていきましょう。表参道では現代的に整備され、活気があふれ、生きる人々のパワーを感じることができます。数々のブランド店などのファッションストリートであり、つい5分前まで森林の中にいたとは思えないほどです。

青山霊園には多数の著名人のお墓があります。大久保利通、犬養毅、池田勇人..訪れる前に調べて歴史と共に散歩してみるのも一興なことです。

神宮外苑のいちょう並木が今回の散歩のゴールです。何度もドラマのロケ地になっているので、見慣れた景色であることでしょう。

スポンサーリンク

家の近所を散歩する

家の近所の散歩は非常に手軽なうえ、発見も多く非常にお勧めです。

  • 空き地だった場所に家が建っている
  • 大きな家があった場所が空き地になっている
  • 高齢者が住んでいた家が空き家になっている
  • 歩道が整備されて歩きやすくなっている
  • 駅前のテナントが入れ替わっている
  • 住宅街にポツンとレストランができている   …etc…

上に書いたのは一例ですが、家の近くだからこそ小さな変化に気が付くものです。20分散歩して何も発見がないなんてことはあり得ません。散歩が目的になってくると、「昨日(先週、先月)と変わっているところはどこかな?」という感覚で周辺を見渡しながら歩くようになります。

スポンサーリンク
アクティブな休日
スポンサーリンク
とねをフォローする
とねちっぷす
タイトルとURLをコピーしました