痩せる炭酸水

炭酸水と日光
スポンサーリンク

炭酸水のすごい効果

シュワっと爽快感を得られる炭酸水の魅力については、初めて炭酸水を飲んだ幼少時期から変わらずに続いているもので、夏の暑い時期の水分補給にはぴったりです。

炭酸を飲むときの喉を感じるあの刺激は、交感神経の活動を高める役割を担っている。また、炭酸水は冷やした状態で飲むため、その冷たさも交感神経を刺激する。

ペットボトルの炭酸水を箱買いして自宅で焼酎のソーダ割を作っていた時代もあったが、一度開封した炭酸水は思っている以上に炭酸が抜けていき、3日後にはただの水になっていることもありました。

今は自宅で炭酸水を作る機械が普及して、いつでもできたての炭酸水を飲むことができるようになりました。

スポンサーリンク

ショウガレモン炭酸水

ダイエット効果もあるショウガレモン炭酸水について紹介します。

ショウガレモン炭酸水の作り方(1杯分)
材料
 ・炭酸水 250㎖
 ・おろしショウガ 小さじ1
 ・レモン汁 大さじ2
作り方
 よく冷えた炭酸水におろしショウガとレモン汁を混ぜるだけ

このショウガレモン炭酸水は、ショウガの辛味やレモンの香り等は味覚や嗅覚を刺激し、交感神経の活動を高め、食欲を抑えたり脂肪を燃焼させるなど、痩せやすい身体に切り替えるスイッチを入れることができます。

交換神経が活発になると、満腹中枢に作用し、食欲を増進させるホルモンの分泌を抑制し、食欲を抑えるホルモンの分泌を促進します。つまり、交感神経の活発化により、満腹感を早めに感じることとなるため、少ない食事で済みダイエットにつながります。

また交感神経の活性化は脂肪燃焼効果も期待できる。

ダイエット効果を高めるためには、食事前に飲む方が効果が高い。脂肪燃焼よりも、食事量を減らす方がダイエット効果が高いからである。

市販の炭酸飲料には砂糖が入っているものも多いため、天然の糖分だけで余剰な糖分が含まれない自家製ショウガレモン炭酸水がよりお勧めである。電源不要の炭酸水メーカー【e-soda】であれば場所に関係なくいつでも炭酸水を飲むことができます。

スポンサーリンク

交感神経を刺激することの効果

交感神経を高めることは、自律神経全体のバランスを整えることにも繋がる。

交感神経・副交感神経は双方がシーソーのようにバランスをとりながら身体の状態を整えています。しかしながら加齢や運動不足、ストレスなど様々な要因によりそのバランスが崩れて、ホルモンの分泌や血流の低下などが起こり、様々な体調不良が発生することにつながる。

自立神経は加齢とともに衰えていくものなので、交感神経・副交感神経を的確に刺激して、バランス力をアップすることが求められる。

その刺激として有益なのが、強炭酸のショウガレモン炭酸水となります。

ぜひ自宅で作って健康な長寿を手に入れてください。

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
とねをフォローする
とねちっぷす
タイトルとURLをコピーしました