反抗期と高校受験について

中学生の反抗期については、様々な症状が現れます。

反抗期と高校受験が重なった状況で良好な受験の結果を出すことは非常に困難な事です。反抗期に現る異常なまでの自己肯定感の高さや、他を認めることのできない症状により、学習そのものに問題が現れます。志望校に合格するためには、反抗期と向き合いあるいは付き合いながら学習を継続する必要があります。

反抗期の症状として、次のようなものがあります。どれもかなり一般的で漠然としているので、どの年齢の学生にも当てはまります。

反抗期には以下のようなものがあります。

学校のルールや規則に従わない。例えば、許可なく家出をしたり、学校でタバコを吸ったり、宿題を盗んだりする。

他の生徒に合わせることができない。これは、自信のなさが原因かもしれません。

物理的なケンカ、喧嘩、喧嘩をテーマにした落書き。

自分の意見で仲間はずれにされること。

他人に危害を加えること。

非行少年、非行児童、非行少年であること。

家庭や学校で迷惑をかけること。

いじめの被害者になること。

他人が自分と違うことを受け入れられないこと。

他人の期待に応えられない。

自分の功績を認められない。

愛する人に感謝できない。

ストレスに対処できない。

落ち込んでいる。

摂食障害である。

反抗期は、以下のような原因で起こります。

タイトルとURLをコピーしました