angelette アンジェレッテの抱っこ紐 徹底レビュー

angeletteからはクアトロエアーとベビーキャリーオールの2種類のです。販売上は区別なくすべてベビーキャリーオールとして販売している場合もあるようです。

どちらも4WAYで「対面抱っこ」「前向きだっこ」「おんぶ」「チェアベルト」として使用することができます。

たのブランドでは、5WAYで新生児時期の「横抱き」に対応している商品もありますが、こちらangeletteの抱っこ紐は対応していません。

スポンサーリンク

仕様 詳細

  • 日本人の体型にフィットする日本製抱っこひも
  • 対面抱っことおんぶは、1人でも簡単に切替え可能(くるっとおんぶ機能)
  • バックルはコンパクトで頑丈なYKK製。
  • 背当て部分がフルオープンできて、抱っこで眠ってしまった赤ちゃんをスムーズにベッドへ移動可能
  • 抱っこ紐を入れる、専用収納袋付き。
  • 2種類の日よけフード。
  • サイズ 縦約64cmx横約42cm
スポンサーリンク

決めた理由

アカチャンホンポ、イオン、ベビザラスなんかで、抱っこ紐の試着をすることができます。そこで一通り試着をしたのですが、感想は「難しい」ってことでした。

バックルの位置が分かりにくかったり、ベルトの調整が難しかったり、商品ごとに個性があって、なかなか難しい・・。

近くに置いてあるベビー人形も借りて、店員さんに説明してもらいながら、一通り試してみましたが、機能が多くあればあるほど難しい印象です。

特に横抱き対応の抱っこ紐の調整は難しかったです。一緒に説明書も置いてありましたが、初見では難しく、慣れるまで時間がかかりそうでした。

質感なんかも色々とあって、汚れにくい素材であったり、高見えする素材であったり色々です。

そんななか、angeletteの抱っこ紐は非常にシンプルで使いやすい!

スポンサーリンク

オススメポイント

とにかく使い方がシンプルでわかりやすい!バックルの数も少ないし、着脱も簡単です。

腰のベルトの調整幅が広く、しっかりと締め付けられる!

腰の締め付けが不十分だと、赤ちゃんの体重を両肩で支えることとなり、長時間の使用は苦しくなってきます。

アンジェレッテはやせ型の体系の人でもしっかりとベルトを締めることができるため、安定感があります。

抱っこ紐のヨダレカバーが可愛い!これは主観的な部分が大きいですが、可愛い柄を選べて、フードと柄を合わせることもできるため、気分が上がります!

スポンサーリンク

残念ポイント

生地感がちょっと安っぽい感じがしました。

丸洗い可能な商品でありますが、洗った後にヨレヨレになる感じがあります。

それが良い点でもあるのかもしれませんが、値段の割に少し安っぽく見えますね。

スポンサーリンク

レビューまとめ

とにかく使い方が簡単で、小柄な体型にもフィットするから安心して使える!という意見が多いですね。

値段はエルゴやApricaの方が少しだけ高いです。アンジェレッテの使い心地を考えると、少々割高な感じがしてしまいます。

アンジェレッテの方がコストバランスが良い!ってことですね。

スポンサーリンク
妊娠・出産・育児
スポンサーリンク
とねをフォローする
とねちっぷす
タイトルとURLをコピーしました