男性の育児休業体験談 休暇申請編

スポンサーリンク

はじめに

男性が育休を取得するように社会的なムーブメントが起こっています。

とはいえ、申請するにあたっては職場での形式的ではない取得させない圧力が働いており、思い通りに休みを取得できていないのが現状のようです。

また、男性本人が育児休業を取得すること自体に抵抗がある場合も多いようです。金銭的なデメリットというかメリットもありますし、男性の育児休業取得による効果は計り知れないものですので、ぜひ取得してみてください。

スポンサーリンク

妊娠発覚から報告まで

妻の妊娠が発覚した時点で育児休業を取得することは決めていました。
両親が遠方にいるため、積極的に頼ることもできなかったため、最低でも半年、希望は1年以上の取得です。

とはいえ、流産や死産の可能性がゼロではありません。報告・相談したにもかかわらず、元気に産まれて来られなかった場合のことを考えると怖くなったため職場に報告することが出来ませんでした。

安定期に入ってからであれば報告もあるかと思いましたが、妻が産休に入ってからに報告すると決めて、それまでは誰にも伝えずに過ごすことに決めました。

職場での報告予定は、出産予定日の1か月半前です。

その時期は、年度変わりや人事異動のタイミングではなかったため、育休に入った後も続くような仕事やプロジェクトにも参加する必要があり、少々心苦しい感じもありました。

この超高速で技術が進化したり、情報が入り乱れる社会において、数年前からのやり方で前例踏襲してダラダラと仕事をするのが嫌だと思うタイプだったので、最後までやり切れないし、誰かに任せても完遂できないと思われる仕事については、前例踏襲でダラダラとやるしかなく、その方が心苦しい感じでしたね。信念に反して無駄なことをしないといけない状態は嫌な仕事をしている感じでした。

途中色々とありましたが、大きな問題はなく妻の産休を迎えることができたため、職場に報告・申請をすることにしました。

まずは立場の近い人2人に報告をしました。それぞれ個別に2人きりになったタイミングで報告をしました。

ひとりは単純に喜んでくれました。もうすでに子供が大きくなっているため、次の子は考えていないが、自分も育休を取ってみたかったとのこと。

もうひとりは、意外にも「先を越された!」との反応でした。既に子供が一人いるが、近いうちに2人目を考えているそうで、その際は1年以上休もうと検討中であったとのことでした。

反応こそ違いましたが、おおむね祝福してくれました。

そこから数日空けて、育児休業の取得に必要な書類を一式揃えてドサッと責任者のところに持っていき、承認をお願いしました。はい。突然です。

予想はしていましたが、案の定、別室に連れていかれて、事情をダラダラと聴かれました。

そんなに長く休む必要があるのかとか、ほかに頼る人はいないのかとかダラダラと。うちの場合はこうだったとか50過ぎのおじさんに言われても参考になりませんから!!って感じですね。

ここで承認をしなかった場合、余程の理由がある場合を除いては完全にパワハラ、マタハラになるため、絶対に何も言えません。

もともと出世欲も無い自分にとっては、信用していない上司からの期待や信頼なんて何の価値も感じていなかったため、何を言われようと気になりませんでした。

無事に承認されました。

スポンサーリンク

相談は必要なかった

相談と報告にはビジネス上では明確な違いがありますが、育児休業の取得に関する相談と報告は区別するのが難しいことではありますが、ここでは、「育児休業を取得したいんですが、休んでもよろしいでしょうか?どういった書類を提出すればよろしいのでしょうか?」ってのが相談で、「承認印ください」ってのが報告と定義したいと思います。

報告は申請とほぼ同じ意味であるので、絶対に省略することは出来ないことであるのに対して、相談は実務上休みを開始する1か月前の申請の時と同時で何の問題もないんです。

とはいっても、育児休業を取得するにあたっては、大量の書類を作成する必要があります。しかもこれらの書類というのが、不思議な様式で、アホが作ったのかな?と思うような書類が含まれています。

提出先が複数あるため、似たような書類を作る必要があるうえ、使用している用語が微妙に違ったり、用語の定義がそもそも逆であったり、非常に分かりにくいんですね。

作成するのが大変なだけではなく、様式を集めるのにも苦労します。不特定多数の社員が使う書類ではないため、様式が社内ですらオープンになっておらず、関連部署に申請しないともらえない書類もあったりします。

運よくというか、もともとそれらの書類を確認する人事関連の部署に居たことがあったため、こそこそと全ての書類を集めることが出来ました。住民票とかの公的書類についても抜かりなく準備出来ました。こそこそと。

本来であれば、取得の相談と合わせてそれらの申請方法についても人事に相談をして、書類作成の準備に取り掛かるところですが、それらの作業が不要であったため事前の相談は必要なく、報告しなかった場合でも自分に不利益が生じることはありませんでした。

スポンサーリンク

報告と申請はほぼ同時に実施

先にも記載しましたが、報告と同時に申請書類を提出しました。

休みの取得申請はもちろん、厚生年金などの掛け金免除の書類なども合わせて一度に提出しています。

事前に相談しなかった理由

育児休業取得に関する事務手続きについて把握していたため事前に相談していなかったという理由もありますが、もうひとつの理由として、不当で不利益な処遇を受けることを避けるためです。

一般的に言われているのは、不当で不利益な処遇を受けることを避けるためにも、事前に職場に相談して理解してもらいましょう。とか、しっかりとした引継ぎのためにも、引継ぎ書類を作成し、丁寧に職場の方々に理解してもらいましょう。みたいなことが言われています。

正直、この方向性を示した人は会社で働いたことない小学生なのでは?と思います。

もしくは、脳内がハピネスな異常者なのでは?って感じです。

話して何もかも解決するなら、地球上から戦争は遥か昔になくなっています。

武力行使に出るかどうかは別として、自分自身の損得勘定で行動を決定するため、これから休みに入り自分に負担をかけてくる奴に対してどういった行動を起こしてくるのかは、想像に難くありません。
一部の異常者はパワハラや嫌がらせといった暴挙に出てくることでしょう。

例えば、本人が事故や悪性腫瘍等の重篤な状態になったことにより出勤できなくなったり、近親者の死亡により急遽休んだ場合であっても、男性育休取得申請の時のような不当な扱いをうけることはありません。

なぜか。

理由は簡単です。

もう休んでいるから。もう出勤していないから。

そう、不当な扱いを受ける前に休んでしまえばいい。不当な扱いをする暇を与えないことが大切だと思います。

職場でパワハラ被害にあった人であれば分かると思いますが、職場には嫌がらせや攻撃だけを生きがいにしている人は少なくないですよね。

いままでパワハラなどの被害にあったことが無い人であっても、これから受けないとは限りませんので、育休取得を機にそういった被害に遭わないためにも、受ける前に休みに入ってしまうことをオススメします

復帰後に不当な扱いをうけるのでは?

逃げるように休みに入ったとみなされた場合、復帰後にパワハラなどの不当な扱いをうけるのでは?なんて思うかもしれません。

冷静に考えてみてください。

例えば、1年の育児休業を取得したとしましょう。職場での1年というのは、長いようであっという間、短いようで長いなんていいますが、1年は1年で、いろいろなイベントがあります。会社によってイベントの数や種類はことなると思いますが、余程小さくて暇な会社でもない限り、1年も経過すればいろいろと忘れていきます。

パワハラや嫌がらせ、組織としての不当な扱いをしてくる連中の心理としては、「防衛」と「復讐」があると思います。

「防衛」というのが、先にも書いたとおり、これから育児休業に入り自分に負担をかけてくる奴に対してパワハラや嫌がらせといったことをしてくる行動です。話し合いにより解決しろと方々では言われていますが、パワハラや嫌がらせをしてくる奴は異常者なので、話し合いで解決するのでしょうか?疑問です。
これから育児休業を取得するという事実が変わらない以上、この「防衛」といった行動を避けることはできません。

次に「復讐」です。
自分自身に迷惑をかけたやつに対して報復をすることですね。

冷静に考えましょう。現に迷惑をかけた人は育児休業を取得した人なのでしょうか?
育児休業を取得した結果、担当する業務が増えて嫌な思いをしたことに対して復讐を考えている人がいたとすれば、それはお角違いですね。担当する業務が増えたのであれば、補充を充てることもできるはずなのに、それをしなかった人の責任であり、その人の嫌がらせです。育児休業を取得した人は直接的な加害者ではないんです。

その他のケースでも同じことです。

居なくなった時点で直接的に嫌がらせをするシーンが、ほとんど無くなっているため、その後に発生する事柄の原因は他にある場合が多いです。
にもかかわらず「復讐」といった行動に出てくるような異常者であれば、休む休まないに関わらず、既にその人からのパワハラや嫌がらせの被害者が居るはずですから、休み前にそういった行動をしてきていない人と働いているのであれば、長期の休みも問題はないことでしょう。

スポンサーリンク
妊娠・出産・育児 男性育休
スポンサーリンク
とねをフォローする
とねちっぷす
タイトルとURLをコピーしました