友達に悩みの相談はしないほうがいい

占い
スポンサーリンク

占いの歴史は古く、身近な存在

占いの歴史は人類の悩み、人生と共にあるといっても過言ではない。

朝のワイドショーや雑誌のコーナーにある占いなら読んだことあるけれど、占いを一度も受けたことがない人も是非とも最後まで読んでほしいと思います。

占いって騙されそうで怖い!って感覚を持っている人も、逆に占いを受けたことがないからこそ陥ってしまう恐ろしい落とし穴について紹介します。

いきなり胡散臭い表現になってしまったが、狩猟時代や農耕時代から既に占いは人類に寄り添っていて、時には祈祷師として人生の選択を支えてきました。

現代人が占い師に相談する内容     昔の人が占い師に相談する内容
・結婚相手
・就職先
・転職先
・引っ越し先
・次の狩場の方角
・来年の収穫
・子が死なないために

もちろん占いは無料ではありません。現代では貨幣つまりお金を支払って占いをしてもらうことが一般的です。駅前の占い館などであれば大体30分5,000円くらいでしょうか。古い時代には豪華な食事や場合によっては生贄を捧げて占いをしていました。

占いは占星術や四柱推命、手相、易、風水などの有名なものもあり、学問として確立しているといっても間違いないでしょう。

通常であれば有料の占いが今なら無料で受けられる方法の紹介もありますので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

悩んだときの行動が未来を決める

人生の岐路にたたされた時に相談する相手は誰ですか?

  • 友達
  • 先輩
  • 恩師    …..etc…

自分が相談を受けた時のことを想像してみてください。

この記事を読んでくれている熱心な人であれば「相談をしてくれた相手にとって、短期的か長期的に最も有益であると考えられる回答を導き出し提案する」といったことをしてくれることでしょう。

しかしながら、問題はここです。

考えついた「相手にとって最も有益であると考えられる回答」が相談をしてくれた友人や後輩にとって、酷な内容である場合も少なくない。

例えば、

「旦那とは離婚した方がいいに決まっているけれども、友達はまだ旦那と一緒にいたいとおもっている」とか

「さっさと転職した方がいいと伝えたいけれども、転職後にまっている辛いことを想像するとススメにくい」

といったことが簡単に思いつきます。

知人同士の相談は、馴れ合いになってしまうことが多いということです。

相手の立場になってみて真剣に親身になって相談に乗り、相手に話をする自分を、さらに客観的に眺めてみることができますか?

短くまとめると、自分以外の自分が考えた言葉を、さらに違う自分が採点する。

といった具合です。

シミュレーションしてみるとわかると思いますが、意外と相手のことを考えていないとか、相談に乗って相手のことを思って回答している自分に酔っている姿が垣間見れる場合もあるんです。

悩んだときに、先にリスト化した人だけに相談をしてしまうと、それは相談になっていないってことです。

スポンサーリンク

一度占い師に相談してみる

自分にとって都合がいい。だれだれにとって都合がいい。ってことの積み重ねで世の中は成り立っています。

占い師という職業がある以上、その存在自体も都合がいいってことは間違いなくて、長い歴史のなかで占いってものが果たしてきた役割が意味のあるものであったからです。

今回紹介するココナラは、今なら初回30分無料で占い、カウンセリングを受けることができます。

悩んだときに、最適な解決方法がない場合もあります。

ひとりで悩んでも解決しない。知人に相談しても解決しない。何をしようにも解決しないことは少ないくないほど今の世は悩みにあふれています。

是非ともココナラを利用して、ハッピーな人生にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました