最高の移動手段 公道も走れるEV

散歩
スポンサーリンク

今オススメの公道も走れる電動キックボード

自転車よりも楽でバイクよりも場所を取らずに気軽に乗れる。移動手段の最新進化系がこの電動キックボードです。

海外ではレンタルキックボードとして普及してきているのですが、日本国内では規制が厳しく、衝撃的な登場から公道をはしれるようになるまでには長い時間がかかっていました。

公道を走行できる電動キックボードがついに登場し各社から登場していますが、今回紹介する未来型電動キックボード【COSWHEEL EV SCOOTER】は、まさに現在の最適解のひとつ、いま最も選ぶべき電動キックボードです。

スポンサーリンク

電動キックボードとは

電動キックボードとは、大きく分けて2種類あり、公道対応のものと公道非対応のものです。

数年前までは公道対応のものは流通しておらず、公道非対応の電動キックボードを公道で乗り回す都市部の迷惑な若者がニュースになったことを覚えているひともいるのではないでしょうか。

これらの違いは、原動機付自転車いわゆる原付バイクとして登録ができる保安基準を満たしているかどうかで、後方確認用のミラーやヘッドライト(前照灯)、ブレーキ、クラクション(警報機)などなどが基準を満たす性能を有して付属していれば公道対応となります。電動キックボードそのものが公道対応となったとしても、あくまでも原付バイクなので、ヘルメットの着用が義務となっています。へるめっとにも種類がたくさんありますが、バイクパーツセンター ヘルメット SG安全規格品 FREEサイズ 57cm~60cm未満 マットブラック 半キャップ ハーフヘルメット バイク ヘルメット 原付程度の安いもので十分でしょう。

125cc以上にも対応した頭全体をおおうヘルメットの方が安全であるのは間違いないですが、電動キックボードが有する快適性が犠牲になってしまうので、個人的にはお勧めしませんが、安全性を重視する方はこちらの【 XLサイズ 残り1個 在庫有】ARAI アライ ヘルメット RAPIDE-NEO ラパイド・ネオ 東単 オリジナルカラー VASシールドシステム フルフェイス バイク ヘルメット UVカットシールド ライトスモークシールド 標準 メガネスリット 艶あり ブラックヘルメットも検討してみてください。

もちろん、これらの基準を満たしているだけでは公道走行可能とはならず、区役所等に登録の届け出をし、原付用のナンバーを取得する必要があります。また、原付には自賠責保険という保険の加入が義務となっているので、年間7千円程度を支払い加入してください。

保険料を支払うと、保険加入済みを示すステッカーが交付されますので、それを先ほど区役所で交付されたナンバーの空きスペースに貼付してください。

基本的には電動キックボードの確認はなく、書類上の確認のみです。

スポンサーリンク

COSWHEEL EV SCOOTER

おすすめする電動キックボードは革新的な折りたたみEVスクーター【COSWHEEL EV SCOOTER】です。

  • 5時間の充電でやく35キロメートル走行可能
  • 乗り方は立ちと座りの2WAY
  • 最高時速40km(法定速度 時速30km)
  • 折り畳み可能
  • 本体重量約22キログラム

タイトルとURLをコピーしました