後付けで玄関ドアを自動ドアに変更できる

スポンサーリンク

自動ドアじゃない商業施設の方が少ない

コンビニを含む商業施設や公共施設において、自動ドアではないところをの方が少なくなっています。

自動ドアのメリットは言うまでもなく、立ち止まることなくスムーズに入ることができるし、両手が荷物で塞がっていても、ストレスなく通過することができます。

自宅の玄関と違い、商業施設等のエントランスを通過する際には、カギを開ける動作が無いにも関わらず、ドアを開ける動作は面倒なもので、特に手前に引き開ける扉を開けるときは一度後ずさりする必要があり、さらに面倒です。

日本の住宅において、ほとんどの家の玄関扉は屋外側に開くタイプで、帰宅時の動作が最もストレスのかかる状態であることがわかると思います。

スポンサーリンク

自宅の玄関も自動ドアにする時代の到来

自宅玄関は外開きであるため開錠時に一度立ち止まった後に後ずさりしながらドアを開ける必要があるうえ、帰宅時には両手に荷物を持っていて手が塞がっていることも多いため、家の中でも使いにくさを感じることが多い場所となっています。

いままでは自宅の玄関を自動ドアにするという選択肢はなかった。

玄関のカギをスマートキーに変更するというスマート家電は数年前から普及してきており、カギをバッグに入れたまま近づくだけで開錠されるため、子育て中のママ等に人気なスマート家電として普及しています。

車のトランクやサイドのスライドドアについては、足や手を近づけるだけで開錠とドアオープンが同時にされるオプションが広く普及しています。荷物持ったり、子供を抱っこしているために両手が塞がっているときにもハンズフリーでドアを開けることが出来るため、ママは当然、誰にとってもありがたいシステムになっています。

DOAC(ドアック)ならば、後付けで玄関ドアを自動ドアに変更することが出来ます。

荷物持ったり、子供を抱っこしているために両手が塞がっているときにもハンズフリーでドアを開けることが出来る。さらに、ベビーカーを押したままでも玄関ドアが開くため、そのまま家の中にスルーインすることができます。

スポンサーリンク

DOACなら簡単な工事で玄関ドアを自動ドアに変更できる

DOAC(ドアック)ならば、後付けで玄関ドアを自動ドアに変更することが出来ます。

自宅の玄関ドアやカギはそのままに、後付けできる1dayバリアフリーリフォームが可能です。
リフォーム工事は1日で完了し、取付けたその日から使用できます。設置はLIXILの専門店スタッフが行うため安心ですね。

工事内容は大きく分けて、コンセントの増設、サムターンの交換、ドアクローザーの交換の3点です。

今なら無料で下見調査~お見積りまでやってもらえます。

車のスマートキーの便利さが社会に広く普及した結果、玄関ドアもスマートキーが普及してきました。最新の車にはタッチレスでドアが開くようになってきています。その便利さはすぐに社会に普及し、玄関ドアの自動ドア化が進んでいくことでしょう。

スポンサーリンク

賃貸の方はこちら

DOACは電気工事が必要になるうえ、サムターンの交換等が必要となってくるため、賃貸住宅にお住いの家族には不向きです。

自動ドアにはできないものの、解錠・施錠だけであれば賃貸住宅で使用できるものもあります。

簡単に後付け出来て、退去時には取り外せる。

スポンサーリンク
インドアな休日
スポンサーリンク
とねをフォローする
とねちっぷす
タイトルとURLをコピーしました